普通車 自動車 購入

普通車

簡単にいうと軽自動車より大きいものを普通車といいます。

普通車は様々なものがあります。
普通車は、軽自動車とは違い、排気量や、大きさ、形が様々になっており、排気量が違えば、税金が変わってきますし、大きさが大きくなれば、7人乗り、8人乗り、10人乗りなどたくさんの人数を乗せることが出来る車種もあります。
普通車の一番小さなサイズは、1000CCのものです。

このサイズの車は、それほど多くありません。
この次の1300CC、1500CCという排気量のものからが各メーカーからたくさんの車種がでてきています。


大きさをみてみると、セダン、1BOX、クーペ、ワゴンなどさまざまな形状があります。

最近増えてきているのが、1300CCや1500CCの小さなミニバンです。
この大きさ、排気量で7人乗りの3列シートが魅力の一つです。
しかし、3列シートとはいえ、この大きさではやはり、3列目の乗り心地はあまりよくないです。

小柄な女性や、子供なら問題ありませんが、大人の男性など、ある程度の体格の人が乗ると、頭が天井にあたったり、ひざが全席の背もたれにあたったりと少し窮屈に感じてしまいます。

しかし、2000CC以上のミニバンになると、ゆったりと座れますが、やはり、税金が高くなったり、車両本体も一気に値段が上がってしまいます。

そして、実際に7人の大人が乗る場面があるでしょうか。
おそらく大体の人はないと思います。
ですので、ファミリーなどでは、この1300CC、1500CCの7人乗りという自動車の購入の選択肢も合ってよいかと思います。


このほかにも様々な機能の車があります。自動車の購入の際には、実際に販売会社などへ行って、話を聞き、どのような車種が自分にあっているかなどを相談するのもよいでしょう。

自動車購入関連情報