新古車 自動車 購入

新古車

自動車の購入で新古車だったら安く買えるときいたことがあるかもしれません。

新古車とは、新車のようであってじつは、中古車になるのです。
だから、新車を購入するよりも安く設定されているのです。では、新古車とは、どのようなものなのでしょうか。
大きく分けて2つあります。

販売会社が、自動車の登録を先にしてしまったものを販売する場合と、試乗車、展示車など、販売会社が、営業のために使用している車を販売する場合の2つに分かれます。

ではまず、前者のケースはどういうものかをみていきます。

販売会社の事情で購入者がいないにもかかわらず登録だけを行うことがあります。
また、何かの事情で、お客様の注文とは違った車を登録してしまうなど、販売会社がミスをしてしまったときなどです。
この場合は、一度登録をしてしまっているので、たとえ乗っていなかったとしても新古車という扱いになります。
まず、色やグレードなどの指定ができないこと、登録を先にすませているので、自分が乗るときから車検までの期間が通常の新車の購入のときよりも短くなってしまいます。ですので、一般の新車よりも価格は、安くなっています。


次に試乗車や、展示車の購入の場合を見ていきます。
試乗車の場合は、街中を運転するため一旦販売会社名義で登録されています。
そして、実際に様々な方が運転し、ある程度走行距離がのびています。
大体試乗車が売りに出されるのは、距離で1000キロくらい、期間で半年くらいのものが多いです。
実際にあまり距離ものびていませんし、試乗のために使われていた車ですから乱暴な運転はされていません。
これも色や、グレードはあまり選べなくなりますが、お買い得になっています。
また、展示車の場合も同じで、実際に街中で試乗することがなく、店内や屋外展示場で展示されているだけなので、状態は、試乗車にくらべるとよいです。これも同じ理由でお買い得になっています。

自動車購入関連情報