軽自動車 自動車 購入

軽自動車

自動車にはさまざまな形や、大きさのものがあります。
その中の一つで最も小さい部類に入るのが軽自動車です。
では軽自動車とはどのようなものなのかをみていきましょう。
まず大きさが制限されており、長さ3.40メートル、幅1.48メートル高さ2.00メートル、排気量660CCとそれ以内のサイズでなければならないと定められています。

各社軽自動車はほぼ同じ大きさで作られており、限度枠ぎりぎりのところで製造されています。
これは、少しでも室内を広くするためにこのようにされています。

軽自動車のメリットは、全てが安いことです。車両本体価格も普通車に比べて、数十万円は安くなっています。


価格帯は、大体80万円くらいから150万円と幅広くなっていますが、人気の車種、グレードの平均はおよそ110万円程度です。


車両本体だけでなく、税金や、点検代、自動車保険料、と安くなっています。

自動車の購入にもお金がかかり、そして、今後維持していくのにも維持費がかさんできます。
この維持費も軽自動車ならば安くおさえられるので経済的な車といえます。
では、具体的に見ていくと、税金面では、まず、自動車税は、年間で7200円ですが、1000CC以上1500CC以下ではの普通車では、年間で34500円かかります。

この時点で27300円の節約になります。
ほかにも重量税も新車時3年間で軽自動車は13200円、1000CC以上1500CC以下では、56700円と大きな差があります。


もちろん税金が安いので車検の費用も安くおさえられます。


また大きさが小さいので非常に小回りがききます。
街中でのったり、近所に買い物に乗るのに使うというのであれば、軽自動車はすごく便利です。
自動車の購入を考える際に、あまり遠出をしないとか、大人数のせることがないなど、大きな車が必要な場面がないのであれば維持費の安い軽自動車の購入を考えるのも良いかもしれません。

自動車購入関連情報