ハイブリッドカー 自動車 購入

ハイブリッドカー

自動車の購入でここ数年で話題になっているのが、ハイブリッドカーです。

ハイブリッドとは、どのような車で、どのような仕組みになっているのかをまず見ていきましょう。
ハイブリッドとは、通常の車で使用されているガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたものです。

それぞれの長所をあわせることで、燃費の向上、排気ガスを低減させ、環境にやさしい車に仕上がっています。
ハイブリッドカーは、1997年にトヨタが先駆けて発売しました。

これをきっかけに一般的に広がってきました。今では、価格もずいぶんと抑えられてきて、購入しやすくなってきています。


では、ハイブリッドカーとは、どのような仕組みになっているのでしょう。

まず、発進時は、電気モーターを使用して走り出します。
電気モーターのみで走り出すのでかなり静かです。
ある程度かそくしていくとガソリンエンジンが動き出し、通常の自動車と同じになります。
ホンダのハイブリッドは、走り出しから電気モーターとガソリンエンジン両方を使用します。
どちらも電気モーターをしようするので、ガソリンはあまり使いません。

ガソリンを消費する一番の原因は、走り出しのところです。
つまりとまっているところから動き出すところで、ガソリン消費が大きくなっています。
渋滞にはまって、動いてとまってを繰り返すと燃費が悪くなるのはこのためです。

つまり、このガソリンを消費する原因となっている走り出しの部分を電気モーターが役割を担ってくれているので燃費がずいぶんと向上されるわけです。


では、電気はどこで充電されているのでしょうか。
これは、ブレーキを踏んだり、エンジンブレーキを利かせることで、その動力を利用し電気を充電させています。
つまり、走り出せばもちろんブレーキを踏んでとまるわけですから、電気は、効率よく充電される仕組みになっています。

電気モーターを使用しているため環境にも大変良い車となっています。
今は、グリーン税制が適用され、環境に良い車は減税してもらえます。
ハイブリッドカーは中でも最高ランクの減税が受けられ、自動車の購入時の自動車取得税、重量税が全額免除されるなど優遇されています。

自動車購入関連情報