登録 自動車 購入

自動車の登録

自動車の購入が決定し、書類の記入などが終了すると、いよいよ自動車を登録する作業に入っていきます。

では、自動車を登録するというのは、どういうことでしょう。
自動車は、購入するとその場で乗って帰れるものではありません。

その車を誰が所有して、誰が運転するのかということを、軽自動車なら軽自動車協会が、普通車なら陸運支局がそれぞれ登録します。
この作業をすることにより、自動車の所有者、運転者が決まり、ナンバープレートが発行されます。
つまり、自動車の購入において、ナンバープレートを発行する手続きのことを登録と言います。


しかし、新古車や、中古車などの自動車の購入などの場合、すでにナンバープレートを取得している場合があります。

このときも、登録はしなくてはなりません。


では、この時の登録というのはどのようなものかというと、今現在所有者になっている人、つまり、この事例の場合で行くと販売会社になっていることが多いですが、この所有者を新しく自動車を購入した人に名義を変更する手続きをとらなくてはなません。
したがって、名義を変更するだけですので、今現在発行されているナンバープレートは、そのまま使用します。

この登録の作業は、一見簡単そうにみえますが、必要な書類をそろえて持っていかなくてはなりません。

その必要な書類がディーラーなどの販売会社で用意されます。
しかし、販売会社は、登録台数を一ヶ月の売り上げとして換算するため、書類を用意して、わたしてもらって、自分で登録しにいくということは、させてもらえません。
ですので、自動車の購入時における登録に関する代行費用は、おさえることができなくなっています。

自動車購入関連情報