手続き 自動車 購入

自動車購入に必要な手続き

自動車の購入にはいくつかの手続きが必要になります。



販売会社へ行き欲しい車をみつけ、購入する自動車を決定すると、まず様々な書類に署名をし、捺印をします。
その後に、自動車を登録するという手続きが出てきます。
この時、本人の印鑑証明が、軽自動車の場合は住民票が必要になります。
書類と印鑑証明または住民票を持って登録車なら陸運支局、軽自動車なら軽自動車協会へもって行き、登録をしてナンバープレートを受け取ります。

この手続きは複雑で時間がかかるため、販売会社に代理でしてもらいます。
本人以外が陸運支局、軽自動車協会へ行くため、委任状が必要となります。


この時、もう一つ必要なのが車庫証明です。

登録者の場合はこの車庫証明がないと登録できません。

これも自分で警察やガレージ協会へ届け出るか、販売会社へ依頼して手続きを済ませておく必要があります。軽自動車の場合は、登録後に車庫証明をとるため登録するのには必要ありません。

こうしてナンバープレートが出来上がり、注文した自動車やオプションなどの準備ができるといよいよ納車となります。


ですが、ここでもう一つ大事な手続きがあります。
これは自動車を購入するのにはかかせないものです。

任意保険の加入手続きです。
任意保険は納車日までに加入の手続きをして支払いをしておく必要があります。

納車日にあわせて任意保険を加入しておかなければ、納車日に事故をしてしまった場合に保険が使えなくなります。
納車をしてそのまま出かけた先で事故に巻き込まれたり、追突されたり、また運転に慣れていない人やペーパードライバーの方などでは、駐車するときにぶつけたり、こすってしまったりということが実際に起こっています。


そのような事にならないようにするためにも納車日にあわせて予め任意保険に加入しておくことが大事です。

自動車購入関連情報