車庫証明 自動車 購入

車庫証明の取得

自動車の購入をする上で欠かせない手続きの一つに車庫証明をあげることがあります。


車庫証明とは、所有する自動車を保管する場所があることを証明するためのものです。
つまり保管する場所がなければ自動車の購入ができないということになります。
登録車の場合は、自動車を登録する前に車庫証明をあげる必要がありますが、軽自動車の場合は登録が済んでから1ヶ月以内に車庫証明をあげなければなりません。
では、その自動車の保管する場所ですが、いくつか制限があります。
まず、自宅から直線距離で2キロメートル以内で探さなければなりません。

次にもちろん所有する予定の自動車が収まるだけのスペースがとれることです。
少しでもはみ出してしまうと証明があがらないことがあります。
私有地であればスペースをつくることでそこを車庫として申請することもできます。

しかし、車庫として使うならば、常に自動車の出し入れができる状況にしておかなければならないので、入り口に荷物が積まれていたり、自動車を止めるスペースにそれ以外のものがおいてあるといけません。

もちろん、公道では車庫証明をとることはできません。
また、同じスペース内に同時に複数台の自動車の車庫証明はあげることができません。

どうしてもその場所で申請したければ、現在車庫証明をあげている自動車を別の車庫へ移す変更届を出すか、自動車を売るなどして、手放し、車庫をフリーにしておく必要があります。


車庫証明の手続きは、まず保管場所使用承諾証明書、配置図、軽自動車の場合は自動車検査証のコピーを、登録車の場合は、まだ出来ていないので、車種を特定する型番と、車体ナンバーがわかるものを持って警察へ出します。

そこで警察が、実際にその車庫となるところに自動車を駐車できるかどうかを調査しにいきます。
もしそこで駐車するに十分なスペースがなかったり、不可能と判断された場合は、車庫証明はおりません。

自動車購入関連情報


">自動車購入のイ・ロ・ハ All Rights Reserved.