ローン 自動車 購入

ローンを組む

自動車の購入はもちろん一括で支払えればそれで問題ありませんが、ローンを組んで購入する人も多いです。
自動車は、人生で2番目、3番目に高い買い物といわれるほど高価な買い物なのでローンを組むにも慎重に考える必要があります。
ローンにもいくつか種類があります。

まず、自動車の販売会社が提携しているローン会社で組む場合です。
これは、消費者金融が多いので、金利は一般的には少し高めです。

大体3%〜10%位です。
中でも大体が6%、7%位の金利が多いように思います。
ですが、自動車の購入時期によっては、いくつか限定の車種で2.9%、3.5%などの低金利になっていることもあるのでそういった時期を狙うのも一つの方法です。

次に、銀行でマイカーローンを組む場合があります。
銀行なので、消費者金融でローンを組むよりも審査が厳しいです。
しかしその分低金利でローンを組むことができます。

1,5%〜6%くらいで大体の平均が3%をきっています。ただし、審査に時間がかかるのと条件が厳しいこと、手間がかかることなどのデメリットもあります。時間的に余裕がないとできません。

他には、勤めている会社でマイカーローンの申請をすることで優遇金利がうけられたりすることもあります。

最近では残価設定型のローンも増えてきています。

残価設定型とは、3年間で車両本体の半額プラス諸費用や、部品代のローンを組むものです。そして3年後に残りの半額分を支払い自分の自動車として所有するか、本体を売ってしまうかの選択をします。
買取を選んだ場合は、最初に残りの半額分の代金で買い取りますという契約を結んでいますのでローンが残ることはありません。

車両本体が半額になるので月々の支払いを大きく抑えることができます。
しかし、3年間条件を守らなければなりません。
例えば、走行距離は○○km以内、無傷でなければならないなどです。

その条件を超えたり満たさなかった分は、追徴という形で支払わなければなりません。

自動車購入関連情報