書類 自動車 購入

自動車購入に必要な書類

自動車の購入するのにあたって様々な書類が必要になってきます。
自動車を購入する前にあらかじめ自分で用意しておかなければならない書類、自動車の購入時に販売会社が用意してくれる書類、また、自動車を購入したあとで必要になる書類などたくさんの書類があります。
ではまず、自動車を購入する前にあらかじめ自分で用意する書類をみていきます。
軽自動車の場合は、住民票が必要です。

普通車(登録車)の場合は、印鑑証明、車庫証明が必要になります。

軽自動車の場合は、車庫証明は自動車の登録後1ヶ月以内に申請しなければなりません。


車庫証明にも数種類の書類があり、保管場所使用承諾証明書といわれる駐車する場所の住所などを記載する書類、誰が所有する土地や建物かを記載する自認書、駐車場の位置を示す配置図があります。


自動車の購入時には注文書はもちろんですが、登録業務を依頼するための委任状、下取りがある場合は譲渡証明書、下取車の車検証と自賠責保険証、下取車の所有者の印鑑証明などがあります。


自動車の購入後に必要な書類とは任意保険の申込書、JAFなどのロードサービスに加入する場合はその申込書、軽自動車の場合は上記にもあるように車庫証明は登録後の申請になるのでそのときに必要になります。


自動車を購入するにあたって事前に必要になるのは軽自動車の場合は住民票と認印、普通車の場合は印鑑証明と実印が必ず必要になるので時間のある時に取っておくとよいでしょう。


ただし有効期限があり、古すぎるものは効力が無くなってしまいます。自動車を登録する予定日から3ヶ月以内に発行されたもののみ有効となるので注意しましょう。

自動車購入関連情報