最終値引き交渉 自動車 購入

最終値引き交渉の仕方

自動車の購入の最終の交渉についてどのように行っていくかを見ていきます。

これまでの交渉では、展示車を見て、試乗車に乗り、他社の同じグレードの自動車と比較して見積もりをあげていきました。
オプションも何を付けるのかなどもほぼ決まった状態で最終の交渉に臨むのが理想です。
自動車の購入のための最終の交渉とは、それほど時間はかかりません。
自分の中でほぼその車種、グレードに絞って訪問しているわけですから、話はしやすいと思います。

これまでの交渉で、他社の見積もりをあげ、それをもとに値引き交渉をしてきたので、最後には、『ここの会社のこの自動車よりも安くしてください』『ここよりも○○円多く値引きしてくれたら買います』というと、その通りになる可能性は、あまり多くありません。
なぜならば、例えば、他社の車がもうすぐモデルチェンジするとか、何かのキャンペーンをしているなど、特殊な値引きをしていることもあるからです。

そのような交渉をするよりも、『○○円にしてくれたら今日今すぐに購入を決めます』というようなことを言うと前向きに検討してもらいやすいです。
ただし、そのときに無茶な金額を言い過ぎるとそれはできませんとはっきり断られてしまうので注意しましょう。

では、その金額はどのように決めるのかは、これまでの話の内容や、他社の見積もりの値引き額を参考にしていくと良いかと思います。
自動車の購入の最終の交渉で最も大事なことは、買う気があるということを相手にわからせることです。
買う気があるとわかると相手もできるだけの値引きをしようと動いてくれます。

最後は、『この店であなたから買いたい』という気持ちをこめて、交渉に臨みましょう。

自動車購入関連情報