初回来店 交渉 自動車 購入

初回来店時の交渉の仕方

自動車の購入は、1回の来店で終わるほど簡単にはいきません。
最低でも3回以上の訪問をすることが好ましいと思います。

では、自動車の購入を考えている初回来店時における交渉の仕方を見ていきましょう。
まず、初回来店の前にインターネットや、雑誌などで、あらかじめ情報を得ているとわかりやすいです。

その後、初回来店時にまず行うことが、現車の確認を行うことです。

交渉に入る前に展示車などで、実際に運転席、助手席、後部座席に座ってみて感触を確かめてみてください。
乗り心地や、広さ、視界の広さなどよく見ておいてください。
実際の想像と違うことがよくあるので、本当に欲しい車なのかを再確認する必要があります。

実際に現車を確認した後に、カタログなどを見せてもらいながら営業マンに詳しく話しを聞いていきましょう。
このときはとりあえず、見積もりを出してもらい、大体の金額を把握しておくとよいです。
その後、この車が欲しいというのではなく、他社の同じクラス、例えば、トヨタのヴォクシーが欲しいとしてもホンダのステップワゴンや、日産のセレナなども検討しているということを必ず伝えましょう。

そして、これからそれらの車を見に行くこととまた来店することを伝え、名刺を必ずもらって店を出ましょう。

そして、一通りそれらの車の見積もりを出してもらいに行き各店で、同じ事を営業マンに伝えましょう。

そうすることによって今後の交渉をしやすくしていくことが出来ます。


1回目の訪問では、なるべく試乗しないようにしましょう。2回目以降の訪問で試乗することをお勧めします。そうしないと、交渉だけでおわってしまい、なかなか上手く話しが進まなくなってしまいがちです。

自動車購入関連情報