値引き交渉術 自動車 購入

自動車購入における値引き交渉術

自動車の購入では値引きをして買うのが常識という位に交渉が行われています。
値引きなしで自動車を購入する人はほとんどいてません。

しかし、普段の生活では値引きの交渉をする機会はあまりないと思います。
相手は商談のたびにそんな値引きの交渉をしているプロですから、ある程度の知識がないとすぐに丸め込まれてしまいます。
値引きを少しでも多くしてもらえるように、知識をつけて行きましょう。

値引きには2種類あります。
まずは交渉して車両本体や部品代を値引きしてもらうもの、もう一つは車庫証明手続きや納車といった販売会社が代行で行うための手数料を、代行でしてもらうのではなく自分で動くことによってその手数料が省けます。
まず、前者の値引きについてみていきましょう。

 

 

値引きの交渉をするにはまず相手に買う気があることをアピールする必要があります
。冷やかしだとわかると適当にあしらわれてしまいます。

 

どの様な車が欲しいのか、どの様な機能が必要なのか、どの様な使い方をしたいのかなど自分の中でポイントを絞ってからいくとスムーズに交渉ができます。

 

次に他社の車で同じクラスのものと比較していくことも重要です。
他社には必ず同じ用途で同じくらいの大きさ、広さ、形のものがあります。それらはほぼ同じ様な価格帯で設定されています。
営業マンにはそのどちらかで迷っている、ということを伝えるのも良いでしょう。
様々な部品やオプションを付ける場合はその部品やオプションの値引きもしていきましょう。
最後に最も効果的な値引きは、○○円値引きしてくれたら今すぐにでも契約するというような事を言うと、明らかに無理な条件でなければ営業マンは上司と相談しその値引き額、もしくは、それに近い値引き額を提示してくれます。

 

 

値引きはすぐにしてくれるものでもないので2〜3回は最低でも通って交渉を続けましょう。しかし長くなりすぎても逆効果になってしまうので注意が必要です。

自動車購入関連情報