トラブル 自動車 購入

自動車購入時のトラブル

自動車の購入でおこるトラブルをいくつか紹介したいと思います。


自分自身が起こしてしまうトラブルと販売会社がミスをしてしまうケースにわけて見ていきます。


自分自身が起こしてしまうケースでは、例えば、現金で購入するということで商談がまとまったとします。
しかし、突発的な出来事が起こり、現金での購入が難しくなってしまいました。
ローンを組む余裕はないので解約したいと販売会社へ連絡をしました。
しかし、注文した車は特殊なオプションをつけており、注文を受けてから製造するというものでした。

連絡が遅れたため、メーカーに製造を依頼し、もうすでに製造に取り掛かっており、キャンセルはできないと販売会社にいわれてしまいました。


このようなトラブルがあります。
このようなことがおきないようにあらかじめしっかりと考えておく必要があり、キャンセルする可能性を考え、それを聞いておくことも必要かもしれません。


次に販売会社が起こすトラブルについていくつか見ていきます。

注文を受けた車の色と違う色の車を発注してしまいました。
営業マンはその車が販売店に運ばれてくるまでは気がつきませんでした。
すぐに注文を受けた色で手配をし直しますが、もちろん時間がかかってしまうため、約束した納車日にまに合いません。


このようなトラブルはたまにあります。
色のほかにも、注文した部品が来ていない、または間違えて注文し、その車には取り付けられないなめもう一度注文しなおしたなど、納車日に間に合わないケースがでてきます。


また中古車にはとくに気をつけましょう。

走行距離が本当はもっと多い、修復暦なしになっているのに実際には修復暦があるなど購入してからわかったことがあるというトラブルがよくあります。
この場合はまずその販売店に問い合わせをして事実を確認してみましょう。

またそれでも解決できないときは、自動車公正取引協議会、中古自動車販売協会連合会、国民生活センター(消費生活センター)などに相談して見ましょう。

何よりも契約するときには契約書などをしっかり読んで確認した上で契約するようにしましょう。

自動車購入関連情報