見積もり 自動車 購入

見積もりをとる

自動車の購入は、まず、販売店に訪問し、見積もりをとってもらうことから始まります。

なぜ、見積もりが必要かというと、雑誌、広告、インターネットで表示されている金額は、車両本体の価格のみになるからです。


では、他にどのような費用がかかるのでしょうか。
車両本体以外にも、各種税金、付属品代、販売店の諸経費、リサイクル費用などです。

これらは、実際に見積もりを出してもらわないと金額がわかりません。
特に、販売会社の諸経費は、各販売会社ごとに異なっています。

税金、諸経費、リサイクル費用全て込みで、大体15万から35万円はかかります。
それ以上かかるものもありますが、大体がこれくらいの金額におさまるかと思います。

では、この差は、どこででてくるのでしょう。
それは、自動車の排気量や、環境対策の達成基準などによってかわってきます。
軽自動車と、大きな1BOXカーとでは、税金、リサイクル費用などは、1BOXカーの方が一般的には高額になります。


法定費用といって、自動車を登録するのにかかる費用や、リサイクル費用、税金は、車の大きさや、エンジンの大きさなどであらかじめ定められています。
これらはどこで見積もりを出してもかわることはありません。

ただし、見積もりは、一旦だしてもらうと、有効期限のようなものが生じます。
これは、大幅に値引きされている時はこの期間だから安くしているとか、いつまでに返事をもらえるからこの金額にしているなどの約束がある場合や、登録する日付によって自動車税の金額が変わってきたりするためです。


自動車の購入時は、いろいろな販売店で、見積もりをできるだけたくさんとるようにしておきましょう。

自動車購入関連情報