納車 自動車 購入

納車してもらう

自動車の購入のときに見積もりを出してもらいますが、この中に必ず納車費用というものがあります。

この納車費用とは何なのかをみてみましょう。


納車費用とは、納車するのにかかる費用です。

ではまず、納車とは何なのでしょう。
納車とは、自動車の購入後、販売会社へ納品された車を購入者のもとへ届けることです。
大体が自宅か契約している駐車場まで持ってきてもらうのが多いです。
つまり、この納車にかかる人件費が大半をしめています。

営業マンは納車へ行くと下取車がない場合、帰りの交通手段が無くなるため、電車へ乗るか、大体が、他の営業マンや、サービスの人に迎えに来てもらいます。

そのための人件費と、あとは、新車のガソリン代や、一時期販売会社で預かる保管料みたいなものが少し含まれているところもあります。

ですので、自動車の購入時、販売会社へ自分が直接とりに行くので、納車費用をカットしてくださいとお願いするといやな顔をされるところもあります。
納車時に行うことは、新車をもらって終わりというわけではありません。

代金を支払っていなければそのときに支払わなければなりませんし、その車の取り扱いの説明も営業マンから簡単に受けます。
その後、今後の点検の案内や、補償内容の説明も受けます。
中には、納車式ということで、花束をもらったり、記念撮影をしてくれたりという販売会社もあります。
ですので、納車にかかる時間は早くても30分は見ておいたほうが良いでしょう。
てねいな営業マンや、自動車の購入がはじめてという方は、もうあと30分くらいは見ておきましょう。わかりやすくきっちりと説明をしてもらえるはずです。

知っているようで知らないこともあったりするので、納車時にある程度のことは聞いておくとよいでしょう。

自動車購入関連情報