流れ 自動車 購入

自動車購入の流れ

ここでは、購入までの流れや、その間におこるトラブル、購入を決めるまでに行うこと、など、幅広く書きました。
初期段階では、どのようなことをし、交渉中はどうするか、購入が決まった後はどのようになっているかなどについて説明しています。

自動車購入の流れエントリー一覧

おおまかな自動車購入の流れ
まず初めに販売会社へ行って営業マンに話を聞きます。この時、あらかじめインターネットや雑誌などで欲しい車の形やタイプを決めておくと良いでしょう。カタログをもらって帰るのも良いですが、カタログをみながら話を聞いたり、またその車が展示しているのであれば実際にみて、運転席、助手席、後部座席と一通り乗ってみましょう。
自動車購入時のトラブル
自動車の購入でおこるトラブルをいくつか紹介したいと思います。自分自身が起こしてしまうトラブルと販売会社がミスをしてしまうケースにわけて見ていきます。自分自身が起こしてしまうケースでは、例えば、現金で購入するということで商談がまとまったとします。しかし、突発的な出来事が起こり、現金での購入が難しくなってしまいました。
カタログをチェックする
自動車の購入のため、初めて店を訪れたときに必ずもらうのが、カタログです。このカタログには、たくさんの情報がつまっていますので、欲しい車、車種はもちろんですが、他社の同じモデルの車のカタログももらっておきましょう。販売店へ行き自動車の購入の相談をし、見積もりをあげると間違いなくカタログはもらえます。
他社比較を行う
『私は、ここの会社のこの車しか乗らない』とか、『○○社の車は嫌いだから乗らない』などよっぽどの理由がない限りは、他社の自動車もたとえ購入する気がなくても見に行くようにしておく方がよいです。
見積もりをとる
自動車の購入は、まず、販売店に訪問し、見積もりをとってもらうことから始まります。なぜ、見積もりが必要かというと、雑誌、広告、インターネットで表示されている金額は、車両本体の価格のみになるからです。では、他にどのような費用がかかるのでしょうか。車両本体以外にも、各種税金、付属品代、販売店の諸経費、リサイクル費用などです。これらは、実際に見積もりを出してもらわないと金額がわかりません。
展示会を利用する
自動車の購入をするときに販売会社へ訪問します。このとき、大体週末には、展示会が開催されています。展示会とは、いろんな車種の車が、多く展示されていて、より多くの現物をみせてもらえるようになっています。
納車してもらう
自動車の購入のときに見積もりを出してもらいますが、この中に必ず納車費用というものがあります。この納車費用とは何なのかをみてみましょう。納車費用とは、納車するのにかかる費用です。ではまず、納車とは何なのでしょう。

自動車購入関連情報