自動車保険 自動車 購入

自動車保険

自動車の購入のほかにかかせないのが自動車保険の加入です。


自動車の購入時に必ず入らなければならないのが、自動車損害賠償責任保険、通称で、自賠責保険です。
これは、事故を起こしたときの相手に対する最低限の保険です。
この保険に加入しなければ自動車の購入はできません。他に自動車の運転者が任意で加入する任意保険があります。

この保険は加入しなくても購入はできますが、まず、加入しない人はいません。
なぜならば、自賠責保険だけでは、補償内容が十分でないからです。


その自賠責保険で足りない部分を補ってくれるのが、この任意保険です。

この任意保険は、大きく分けて、3つの分類から成り立っています。

まず一つ目は、自分の体に対する補償と相手の体に対する補償です。
大きな事故を起こし、後遺症が残ってしまったときなどは、何千万、何億円という金額を賠償しなければならないこともあります。

2つ目は、モノに対する保険です。
自動車同士の事故であれば、相手の自動車の修理代の一部を補償したり、壁や、信号機など、モノに衝突して、壊してしまった場合の賠償金を保証するものです。
これも、トラックと衝突し荷台に積んでいるものがすべて壊れてしまったときの補償(コンピューターなど積載していたら数千万の被害が出ることもあります)や、信号機が故障してしまったときなど、モノに対しての賠償金を保証するものです。

3つ目は、自分の自動車を補償するものです。
事故することでもちろん自分の自動車は傷が付きます。
小さな傷ですむこともありますが、大きな事故を起こすと、何十万円の修理代がかかってしまうことがあります。
これらの費用を補償するものです。

自動車購入関連情報