費用 自動車 購入

自動車購入に必要な費用

自動車を購入する費用は実際に自動車販売店へ行き、見積もりを出してもらわなければ正確な金額はわかりません。
よく新聞の折り込みチラシやテレビコマーシャル、雑誌などで書かれているもの以外にも様々な費用がかかってきます。では具体的にはどのようなものがあるのでしょう。
おおきくわけて3種類にわかれます。

まず自動車そのものや、自動車に追加で装備させるオプションの代金がかかります。

2つ目は税金です。
これもいくつかの種類があります。

3つ目は販売会社へ支払う手数料です。
この3つが自動車の購入にはかかせない費用となり、大体めにするのが、1つ目の自動車の本体価格しかのせていないものが多いです。


@自動車の本体価格と自分の欲しいオプション、例えばカーナビや、足元に引くカーペットマット、窓枠につけるバイザーなどそれぞれ購入しなければなりません。


A税金は4つあります。

1つは消費税です。
これは車両本体とオプションなどにかかってきます。

2つ目は自動車税です。
これは1年に1回納めるもので自動車の購入する時期によって費用がかわってきます。

3つめは重量税です。
これは車両本体の重さによって自動車重量税方により定められた基準により支払います。
4つ目は自動車取得税です。
これは自動車を取得するにあたってかかってくる税金にになります。税金は排ガス規制などの環境対策されている車種にはグリーン税が適用され安くなることがあります。
またリサイクル費用というものがあり、自動車を廃車する時にリサイクルできない商品を処分するための費用がかかります。


B手数料には、自動車を登録するための費用、車庫証明を本人に代わって手続きする費用、納車するための費用、下取車がある場合、その査定料などがあります。

自動車購入関連情報