ディーラー 自動車 購入

ディーラー

自動車の購入する場所の一つに、ディーラーがあります。
ディーラーとは、一言で言ってしまえば、自動車の販売会社です。


トヨタ、ホンダ、日産など、様々なメーカーがありますが、メーカーは、製造やプロモーションなどがメインとなり、販売は行っていません。
ですので、製造された自動車の購入をするための会社が別にあります。
この販売会社の中でも様々な形がありますが、ディーラーというのはほとんどが各メーカーの直営となっています。

中には、オーナー会社となっているところはありますが、まず、ディーラーがメーカーから自動車の購入を行います。

そして、ディーラーがお客様へ販売するという仕組みになっています。
ですので、各メーカーのディーラーは、自社の自動車について、専門的な知識を持っています。


営業マンも整備を行うサービスの人も自社製品に関しては、スペシャリストと言えます。

難しい修理など他の整備工場に持って行ってできないことや、時間がかかってしまうことでも、ディーラーへ任せれば、不可能なもの以外は、修理してもらえます。

よくディーラーで自動車の購入をすると高いとか、整備、点検を依頼すると高いということがありますが、これは、自社製品を安全に乗ってもらいたいという考えがあるため、法律で定められた点検以上のことをしていただけます。

つまり、安心料といっても良いかもしれません。


最近では、ガソリンスタンドやカー用品店などでも点検などすることができます。
これらのところで依頼するとディーラーに依頼するよりも安い金額でできることが多いです。

しかし、これらのところには、純正の部品がなかったり、純正でなく自社の商品を使うことで安くすることがあります。

これらは、確かに対応できますが、純正部品の方が、その車に一番あった部品となっているため、純正に比べて良い状態を保てる期間はやはり短くなってしまうということが多いです。

自動車購入関連情報