メンテナンス 自動車 購入

メンテナンスも必要

自動車の購入のときに考えておいたほうがよいことがあります。


購入後のメンテナンス、アフターサービスはどのような仕組みになっているかということです。自動車は機械ですので、定期的なメンテナンスが必要になります。

そのときに、その販売店では、どのようなサービスがあり、金額がどれくらいかかるのかなども考えておくのも良いでしょう。
まず、購入後のメンテナンスは、どの販売会社で購入してもある程度は同じです。
まず、新車1ヶ月点検、6ヶ月点検、12ヶ月点検とあり、その後は、半年ごとに点検をしていき、36ヶ月目、つまり3年目で初回の車検があります。
新車時は、初回車検は3年後になります。

以後は、2年ごとに車検を受けなければなりません。



これらの点検は、大体が、1ヶ月点検と、初回の6ヶ月点検は無料になっています。
大げさな点検はしませんが、タイヤの空気圧、電気まわり、水まわり、オイルなどの内容で、長く乗り続けるためには、こまめに手入れしておく必要があるものばかりです。
オイルも半年もしくは、5000キロ走行ごとに変えておく方がエンジンにかかる負荷が少なくなります。
空気圧もこまめにチェックしておかないとタイヤが傷むのも早くなります。

12ヶ月点検とは、6ヶ月点検よりもさらに細かく見ていきます。
タイヤをはずして、足回りなど奥の方まで点検してもらえます。
その分費用は高くなりますが、安全に、そして、長く乗るためにはやはり必要な点検になります。

販売会社ごとに、それらの点検を前払いすることによって割引してもらえるメンテナンスパックのようなものや、オイルを先にまとめて購入しておくことで、割安になるなど、様々なサービスがあります。これらも自動車の購入時に少し確認しておくとよいかもしれません。

自動車購入関連情報