カーナビ 自動車 購入

カーナビ

自動車の購入のときにカーナビをつけるかどうか考えている人は多いかと思います。

今では、ディーラーオプション、メーカーオプションでカーナビをつけることもできます。
しかし、カー用品店などでももちろんカーナビは売っています。

ディーラーでつけるメリット、デメリット、カー用品店などでつけるメリット、デメリットについてみていきます。
まず、ディーラーでつけるメリットは、自動車を購入し、納車時点で、カーナビが装着されていることです。
カーナビには、オーディオ機能もついているため、納車してすぐに音楽を聞けたり、ナビゲーション機能を使うことが出来ます。

また、メーカーオプションのナビをつけると、製造段階で埋め込んでしまうため、車内がすっきりします。
また、ハンドルにボタンがあって操作しやすくなっていたりと使いやすくなっています。
また、製造段階で埋め込んでしまうので、盗難にあわないこともメリットの一つです。


では、次にデメリットを見ていきましょう。
まず、金額が非常に高額であることです。ほぼ定価での販売となるため20万円は下らなくなります。
高いものでは、40万円近くまで値段が上がります。
次に、自動車の購入の段階でカーナビをつけてしまうと、車両本体の値引きがごまかされてしまいます。部品からいくらかの値引きをまぜてしまうので、車両本体からいくら値引いてもらったのか、カーナビなどのオプションからいくら値引いてもらったのかが、わからなくなってしまいます。



カー用品店でカーナビを購入するメリットを見ていきます。

まず何よりも、価格が低価格であることです。ディーラーなどで、購入すると20数万円かかるものが、15万円前後で購入できたりと大変お買い得になっています。

では、デメリットは、納車後にカー用品店へ出向いて、カーナビを購入し、取り付けをしてもらわなければならないことです。
つまり、それだけの時間が余分にかかってしまうことです。

自動車購入関連情報