付属品 自動車 購入

付属品も忘れずに!

自動車の購入で注意が必要なのが、付属品は購入しないといけないことです。


カタログや、雑誌、インターネット、テレビなどで、公表されている価格は、自動車の本体価格のみです。
そのほかにも諸経費や、税金などかかりますが、それ以外にも必要なのが、付属品(オプション)を購入するための費用です。
そして、これら付属品は、多くの種類があり、快適に乗れるために必要なもの、外見など見た目をよくするためのもの、便利な機能を追加するものなどがあります。
一般的によく付けている付属品は、カーペットマットや、バイザー、カーナビ、スピーカーなどです。
足元にひいてあるマットも付属品で、自動車を購入したら自動的についてくるものではありません。
マットなどは、ほとんどの人が付けています。また、たばこを吸う人には、バイザーなどもあった方が便利です。
これは、雨が降っているときに窓を開けても中に雨水が入らないようにするためのものです。

また、新車のときにしか出来ないボディーへのコーティングなどもあります。
よりきれいに乗りたいならば、ガラスコーティングなどをしてみてもよいかと思います。
これは、通常の塗装の上に更に膜みたいなものをはり、ツヤをだして傷をつけにくくするものです。
洗車するのも結構大変なもので、このようなコーティングをしていると、その労力も変わってきます。


カーナビもつけている方は多いかと思います。
これももちろん付属品になるので、購入しなくてはなりません。
しかし、これまで例に挙げてきたものは、自動車の購入のあとでも基本的には、装着できるものがほとんどです。

しかし、自動車の購入時に決めておかないと自動車が出来上がってからは装着不可能なものがあります。
これが、メーカーオプションといわれる付属品です。
これらは、製造段階で組み込んでしまわないといけないものになり、少し高額にはなりますが、後付する製品よりも便利な機能がついていたりします。

自動車購入関連情報